ボールタップが原因で起こるトイレの水漏れを解決するには

トイレタンクの故障が原因の水漏れは、自分で解決できることも多いです。タンクや便器内にチョロチョロと水が流れ続けている場合は、タンクの蓋を開け、部品が正しい位置にあるかどうか確認してみましょう。鎖が絡まっている場合はほどき、挟まっているゴミを取り除きます。これらに問題が無かったり、作業をしても症状が治まらないときは、ボールタップが原因の可能性があります。

■ボールタップが原因で起こる水漏れの症状

ボールタップとは、トイレタンク内の水位をコントロールする部品で、根元は給水管につながっています。シャフトの先に楕円形の浮き球がついており、タンク内に水がたまると浮き球が上がり、バルブが閉じて水が止まる仕組みです。ボールタップが故障すると、水位が上がってもバルブが完全に閉まらず、水がチョロチョロと流れ続けます。いわゆる便チョロと呼ばれる現象で、ボールタップの故障による水漏れの代表的な症状のひとつです。
給水管がタンクの下に接続されているタイプのトイレでは、水漏れと同時にシューシューと音がすることもあります。この場合は、ダイヤフラム部の故障の可能性が高いです。

■ボールタップが原因の水漏れを解決する方法

チョロチョロと止まらない水漏れは、ボールタップの劣化が原因で起こります。シューシュー音がするダイヤフラム部の故障が原因の水漏れは、ダイヤフラム部の交換により直すことが可能です。ダイヤフラム部は、自分でも簡単に交換できます。
ボールタップも、自分で交換可能です。必要な部品はホームセンターなどで手に入ります。お使いのトイレにより部品が異なるため、品番を確認しておくようにしましょう。交換するときナットが錆びていて取り外しずらい場合は、錆び取りスプレーなどを使うのもよい方法です。それでも外れないときは無理をせず、業者に連絡する必要があります。
交換にはドライバーやレンチなどの工具が必要です。工具を持ってない場合は、工具も揃えなければならず、業者に頼んだ方が結果的に安く済むことも少なくありません。水漏れの修理コストはトータルで考えることが大切です。

■まとめ
タンクや便器は陶器でできているため重さがあり、蓋を外すときに落としたりぶつけたりすれば、ヒビが入ったり割れたりする可能性もあります。このようなケースでは、トイレの交換が必要になってしまいかねません。自分で修理する場合はもちろん、タンク内を確認するときも、慎重に行いましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ