トイレの便器から水漏れしている場合の対処法

便器の中には常に水が溜まっており、ヒビが入ると水漏れの可能性があります。陶器製の便器は耐久性が高く、本体の耐用年数も25年から30年程度とほかの水回り設備に比べて長いです。その一方で衝撃や圧力には弱く、座った状態で使うことを想定しているため、掃除などの際に踏み台がわりにするなど間違った使い方をすればヒビが入ることもありえます。
内部の水が漏れると、床や壁にまで影響が及ぶ可能性もあり、そうなればトイレ全体の消毒や床や壁材を張替える必要も出てきます。便器からの水漏れは被害が深刻になる可能性が高いです。正しい使い方を心がけるとともに、見つけたらすぐに対処しましょう。

■便器から水漏れする原因

便器からの水漏れは、主に本体の損傷、接続部分のゆるみや劣化が原因で起こります。床に水が溜まっている場合は水漏れと思いがちですが、タンクや便器、配管などの結露が原因のことも少なくありません。まずこれらの部分に水滴がついていないかどうか確認する必要があります。水滴がついていないときは、本体の損傷の可能性が高いです。ヒビ割れなどがないかどうかチェックしてみましょう。
床との間から水が漏れているときは、設置不良や床下の排水管 水漏れ、排水部分のパッキンの劣化など複数の原因が考えられます。床下からの水漏れは、便器を取り外してみなければならず、直すのはもちろん原因の特定も自分では難しいです。見つけたらすぐに、専門業者に連絡することをおすすめします。

■トイレの交換ですっきり解決

本体の損傷は、修理ではなく交換が必要です。便器を自分で交換するのは難しいため、専門業者に依頼するのが基本となります。軽微なヒビ割れの場合でも、補修では継続使用に耐えられる安全性が確保できないことから、便器またはトイレの交換を提案されるのが一般的です。タンクに問題がないケースでも、便器だけ交換するよりタンクも含めて交換した方が結果的に安く済むことも多くあります。
トイレの耐用年数は10年程度と言われており、設置からの年数によっては部品の交換ができず、トイレの交換になることも少なくありません。トイレの交換は水漏れなどトラブルの原因を根本的に取り除くことを意味しています。近年ではトイレの省エネ化も進んでおり、省エネタイプのトイレに交換すれば、水道代や電気代などランニングコストを抑えることも可能です。

■まとめ
最新式のトイレの中には、省エネ効果が高いだけでなく、フチが掃除しやすい形状をしていたり、表面に汚れが付きにくく加工が施されたものなど、快適に使い続けられるよう工夫されている製品が多くなっています。トイレの交換では、機能面についても注目してみましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ