トイレつまりが原因の水漏れを解決するには

トイレがつまると水が流れず、使用することが出来なくなってしまいます。まったく流れないわけではなくても、流れるのに時間がかかったり、流すときに水位が上がる場合は、内部で何かが水の流れをせき止めていることが考えられます。状況が悪くなれば水が逆流したり、排水管がつまって接続部などから水が漏れる原因となります。水漏れ被害の拡大を防ぐためにも、トイレのつまりは早急に解決することが大切です。

■トイレの内部がつまる原因

もっとも多いのは、トイレットペーパーなどの紙つまりです。水洗トイレに流すことを前提として作られている場合でも、一度に大量に流すことでうまく溶けないことがあります。ティッシュなど水に溶けない紙類は、配管の途中でつまってしまう恐れがあるため水洗トイレに流すことは厳禁です。
水が流れているときに、携帯電話や芳香剤のキャップなどの異物を落とし、そこに紙が絡まるケースもあります。
上記の他に、流す水の量が少ないためにつまる可能性もあります。便器の内部設計に応じた使用水量が設定されているため、適正に使用していればつまりは発生しづらいものです。しかし、節水目的でタンクの中に水を入れたペットボトルを沈めているご家庭では、流し切れない場合があります。節水したい場合は、少ない水量でもきちんと流せるよう設計された節水型トイレの導入を検討しましょう。

■つまった時の対処方法

水漏れにつながりかねないトイレつまりは、自力でも解決可能な場合もあります。スッポンと呼ばれるラバーカップがあれば、たいていのつまりは取り除けます。真空式パイプクリーナーはさらに効果的です。水溶性のものが原因の場合には、バケツやペットボトルで水を落として塊をほぐしたり、ぬるま湯で溶けやすくしたりする方法も効果があります。ぬるま湯に重曹や洗浄剤を併用するのもよいでしょう。ただし、お湯の温度が高すぎると、便器や配管を傷める恐れがあるため、塩ビ管の耐熱温度よりも低い60度程度のお湯にしましょう。
固形物を落とした場合には、無理に押し流そうとすると、配管途中でつまってしまう場合もあります。固形物が原因とみられるときは、専門家に依頼する必要があります。

■まとめ
トイレが使えなくなると、日常生活に支障をきたします。つまった場合に備え、ラバーカップを用意しておくのもよいでしょう。つまりや排水管 水漏れの原因となる固形物を便器内に落とさないように心がけることも大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ